グローバルな視点で子育てをしよう|知育ラボのブログ

テニスって体のバランス悪くなるの?何歳から始めるのがいいの?<前編>

1009860_10200356381742911_1106463932_n

こんにちは。chiikuLabの岡部です。
今日は凄く寒いです。冬が本格的に始まったのでしょうか。
今日は、「テニスって体のバランス悪くなるの?何歳から始めるのがいいの?」
について書きたいと思います。

テニスのモーションの中には、様々なスポーツの要素が含まれています。
例えば、野球やサッカー、バスケットボール、バトミントン、卓球、などなど。

例えば、
・サーブのモーションと野球のボールを投げる時のモーションはほぼ同じです
・サッカーやバスケットでいえば、ボールを受ける足や手
・バトミントンや卓球は、ラケットを握るグリップやハンドリング操作等々
言い始めたらきりがないのでこのへんにしておきます。

テニスを行う事で、他の様々な競技にも応用の利く体を子供たちには作ってもらいたいと思っております。

前回のブログ(http://blog.chiikulab.com/?p=1113 )に書きましたが、テニスは、自分・ラケット・ボールを使用して行う複雑なスポーツです。

テニスをする相手、ボールを打つ時に設定するターゲット、風や雨の環境変化等々、テニス技術の向上やキャリアと共に、考えなければならない要素がどんどん増えてきます。

頭で考えるのではなく感覚で体を動かせる幼児の時期に、基本的なテニスのモーションを楽しみながら覚えることが、とても重要です。

知育ラボでは、言葉での指示が理解できる時期(3歳くらい?)〜小学校にあがる前の子供たちが、毎週テニスレッスンを楽しんでいます。

時々、こんな質問を頂戴することがあります。

『テニスって体のバランス悪くなるの?』

確かにテニスをずっと続けていて、ある程度筋肉がつくようになってくると腕の太さや体幹の筋肉のつき方などは多少変化してきます。ただ、これはどのスポーツにも共通しています。

私も3歳からテニスを始め、左右の腕の太さや体幹の筋肉のつき方は多少違います。ただ、日常生活の中で不便だな〜とか、右腕の方が太いから重いな〜、とかは感じた事は一度もありません。

テニスには、フォアハンドストローク、バックハンドストローク、ボレー、スマッシュ、サーブなど、色々なモーションがあるので、子供たちの指導方法や年齢にあった道具を極端に間違えない限り、体のバランスが悪くなることはないです。

むしろ、感覚で体を動かせる幼児の時期にスポーツをしないことの方が深刻な問題ではないかと私は考えています。

次回は、今回とはちょっと違ったテニスのメリットについて書いていきたいと思います。ここまでお付き合い頂きありがとうございました。

コーチプロフィール・レッスン詳細はこちらから
http://chiikulab.com/?p=2796

テニスって体のバランス悪くなるの?何歳から始めるのがいいの?<前編>

Comments (0)